本文へ移動

産業廃棄物部

最終・中間処分場

(株)篠原建設産業廃棄物処分場の運営は、「地域住民の環境の保全をはかること」を目的として、次に示す
基本理念で運営する。

基本理念

(基本理念)    

1. 持ち込まれる廃棄物を正確に把握し、産業廃棄物の中間処理、最終処分および特別管理産業廃棄物の処理・処分による周囲の環境を悪化させないために適正な処理を行う。

2. 持ち込まれた廃棄物のリサイクル率を上げるために選別を最優先し、循環型社会に貢献する。

3.環境への影響を評価し、技術的・経済的可能な範囲で環境目標を達成するために毎年結果を評価し、環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善を行う。

4.環境に関する組織の環境側面に関係して適用可能な法的要求事項の法規法令、規制、条例、協定およびその他の合意事項を順守するだけでなく、自社で定めた「手順書」を順守し、一層の環境保全をはかる。

5.処分場埋立完了地には、植栽を行い、緑豊かな公園処分場を目指す。

6.社員に対しては、必要な教育・訓練を行い、顧客に対しては、廃棄物処理のプロという自覚を持ち、常に環境に対して向上心のある人材を育成する。

許可品目

区分
種類
摘要
中間処理
紙くず
木くず
木の根
コンクリート(有筋・無筋)
アスファルト
セメント瓦
汚泥(無機性)
必要と判断した場合、分析表の提出
泥水(無機性)
廃石膏ボード
搬入は4t車以下で事前連絡
発泡スチロール
規格PSで汚れ・臭いのないもの
ゴムくず
繊維くず
残土
有機性汚泥
動植物性残渣
最終処分
燃え殻(無機性)
指定の検査機関にて分析表の提出
汚泥(無機性)
活性炭、脱硫剤、ろ材、サンドブラスト等
廃プラスチック類
15センチ以下に破砕
金属くず
色つき瓦,泥瓦等
ガラス・陶磁器くず
廃石膏ボード
選別が困難な廃石膏ボード
その他のがれき類(石綿含有含む)
スレート、外装板等
混合廃棄物
(特別管理産業廃棄物)
アスベスト
搬入前事前連絡要
二重梱包でブルーシート持参
販売品目
再生CR、改良土、再生砂、真砂土、木材チップ

ISO 14001:2015 環境マネジメントシステム 取得

処分場カレンダー

2024年07月
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
29
30
31
TOPへ戻る